DIARY

ギター工房訪問
今日は朝10時出発で長野にある
ギター工房にお邪魔して参りました。
ここのギター工房では以前、私の母・英美子が
35周年記念オリジナルモデルギターを作ってもらっており、
音も形も、それはそれは素晴らしいギターでして、
私もその35周年ギターの双子の片割れをもらっていました。
いつも一緒に音楽をやっているギタリストのNさんに
その工房を紹介して頂いたのがきっかけで、それから
父や母や知人ミュージシャン達がそこを訪れていました。
私は常々話は聞いていたので、いつかは行ってみたいなと
ずっと思っていたところ、知人ミュージシャンがギターメンテに
行くというので、私もそのギタリストNさんも一緒に車で
片道3時間かけてギター工房まででかけたのです。

皆のギター計6本のギターを持って工房のドアを叩きました。
工房の主、鷲見さんはもうとっても暖かい雰囲気の方で、
話し始めてすぐに私も鷲見さん大好き!になってしまいました。

今まで、ミュージシャン仲間にレコーディング時などに
ビンテージも含め色々なギターを借りて使わせてもらったり、
楽器店やショールームにお邪魔してギターを拝見したことは
ありましたけど、こうしたオーダーメイドのギター工房に
お邪魔したのは生まれて初めて!で、既製型の完成品でない
ギターの、しかもまだ作る行程にある木枠やボディーやネック
等々を目にしたのも初めてでした。
だからもうマイカ大興奮!!!

お弟子さんも3人いらっしゃって、皆さんナイスガイズな
職人さんでカッコ良かったですし、元気なワンちゃんもいて、
鷲見さんの奥様も笑顔が輝いていて、美味しい手作りパンを
作ってきてくださったり皆さん本当に素敵で、もう皆でわいわい
お喋りしながらギターのメンテナンスもして頂きました。

木の材質によってもかなり音に違いが現れてくる生ギター。
説明を聞いているうちに、私もいつかここでオリジナルギターを
作ってもらえたらな…と思いました。
や、この5周年記念にも、きっと作ってもらおう!と思ったら、
さらに心ウキウキしてきました。
それからはもう、どんな感じのギターにしようかと巡らせ、
また近々、工房で数種類それぞれの材質でできたギターが
できたら試し弾きさせてもらいに行こうかな〜とか思いました。

さらにすごいなーと思ったのは、お弟子さんの一人I君の作る
貝殻のはめ込みアートです。インレイアートっていったかな?
つまりはギターに付ける模様のことなんですが、すべての
ギターに付いているわけではなく、これがどこにも入らない
いわゆるシンプルギターも沢山あります。
ですが、サウンドホールや指盤(ネック)、ピックガードに
キラキラと貝殻やターコイズなどの石がはめてあるギターが、
それです。
そういうインレイアートの入ったギターって、やっぱりオシャレで
美しくて、でもちょっと高価だし、憧れなんですね。
ましてやオーダーで自分の好きな模様を入れてもらえる
なんていったら、も〜〜うすごいっす!!!

とっても細かい作業で、一つ一つ手で掘って削って(?)していく
ようで、はめ込む前段階の作品も見せてもらったのですが、
それもまーーーーすっごーーーーい細かーーい綺麗ーーー!!!
やっぱ職人さんの腕って感じでしたね。
お弟子さん皆さんお若いのにすごい。
ものを作る職人さんって本当にすごいです。
技です。参りました。

計6本のギターメンテナンスも終了。
一気に沢山のギターをみてもらい、鷲見さんどうもスミマセン!
でもやはり多少直すと、音の微妙な鳴りが違うんですね〜
さすがだ〜!ありがとうございました。バッチリです!

ってなことで、また私もギターを作りに今度はゆっくりと
来たいなと思いました。
工房の皆さん、あらためてどうもありがとうございました。
私もこれからどんどんギター弾いていきますからね〜〜!

−完−
夏がきた〜〜
こんにちは皆サマー!
8月になりました〜〜?
8日のライブ辺りからなんだか
マイカちゃん元気ウキウキモード!
ん〜なんでやろか〜
わからんけど、ライブも楽しかったし、
会う人々が面白かったりして!!!

私のとってはこの8月からが
今年の残り半分のスタートって
感じがなんとなくします。
パキッと切り替わったのかしら?

そう、青森に行ってきたのですが、
あの土地はすごい!
なんかわからないけどでっかい
見えないパワーがありますね。
あの緑色は・・・本当にすごい。
美しい。大きい。
木々も空も高いから、
下なんて向いて歩いてる暇はない。
まさに“上を向いて歩こう”ですね!

だからかしら?
上を向いて歩いていた効果??うふ!
八戸ライブ前にもリハーサルで7月中旬に
一度八戸に行ったのですが、その時も
1泊だったのに、な〜んつんだろ?
帰ってきたらスパーン!と抜けてたんですね。
直感がさらに鋭くなっていたっていうか、
全てが無理なくうまーく流れていくというか、
面白いほど導かれてました。

そんな8月のスタートでした。
あれこれおもいを巡らせずとも、
自然に、心の体のおもむくままにいると
とても居心地いい。
そう、そんな8月。
すごくありがたいこと。

なんだか笑顔でいたいこの夏です。
ニコニコはじけていきまっしょーー!
まだ日焼けはしてませんが(^^)

あ〜故郷の海地方が恋しい!
そろそろ行く頃かしら!!??
ひまわりよ!空よ!海よ!待っててくれ〜〜♪

−完−
探しにいこう
お久しぶりです〜〜!
なんだかまだまだ夏陽気にはなりませんね〜。
私は夏が待ち遠しいです。

最近のマイカちゃんはというと、
とてもとてもBUSY〜〜な日々でございます。
うーーん、言いたいがまだ言えない、
とある楽しい(?)プロジェクトに参加中でして、
それとはここ2ヶ月くらい携わっているのですが、
そろそろ大詰めな感じです。

あとはライブの準備も始まっています。
青森、そして9月のワンマン、そして
もうすぐお知らせしますが、他にもライブの
予定があり、その準備もしております。

早くライブで皆さんに会いたいです〜☆

18日は武道館にて大好きCOLDPLAYの
ライブを観てきました。
しかし私のライブの感想はーーー……。。。
ん〜複雑。いろんな意味でショック。
なぜだかRADIOHEADに会いたくなりました。
と、まあそんな具合なので、感想は
このくらいにしときます。

が、とにかくどんなものだったであろうと、
音楽は興味を持ったら聴いてみると良いのだ!
そしてそれを気に入ろうがそうでなかろうが、
後は自分自身の感性にま・か・せ・る。
プレイしてるミュージシャンもその時々によって
違うライブを見せてくれるように、
その時の自分によってもまた、聴こえ方や
感じ方は変わるのだからね。

この所、avoidしてた類の音楽も、あえてまた
聴くようにしてきたら気持ちが変わってきました。
避けるってことは気になってるってこと。
だからそれを逆に聴いてみる、観てみる、
近づいてみる。
するとどんどんその個性がわかってくるように、
自分の個性もそれ以上に見えてくるのだ。
自分が求めてるものかそうでないのか、とか。
それはいつしか自信へとつながるようで。
ならば知ることを、探すことを恐れなくても
いいのだと思えました。

おそらく映画でも、絵画でも、本でも、
まず外がどう言おうと何と誘惑してこようと、
それは自分の中からの答えではないのだから
つべこべ言わず、まず触れてみる。
“興味を持っているなら”
色々考えない、気にしないふりをしない、
気にすればいいんだ。
気になるということには何かしらのメッセージが
そこに隠されている…のかもしれない。
自分が興味を持ったり気になったものには、
そこから発せられてる何らかのサインがある。
例え小さいものだとしても感じてるのならば、
それは明らかにこちらに向けられてるもので、
触れてみても良いのでしょう。
だから少しずつ、近づいて、触れてみようって。

現代はいろんな情報が溢れすぎていて、
惑わされる確率は高い。
「自分はどこ?」なんて、時々あるように。
素敵に惑わされる分にはいいけど、
見えなくなってくるのは心地悪いわ。
だって自発的じゃないんだもの。
ならば惑わされてあげる!的に思って、
ドボーン飛び込んじゃえ〜〜〜♪♪
て感じ!?
すると自分の中で答えが見えるんだ。
それはどんな外からの情報よりも
確かに『私らしい』はず。

探していった先には必ず何かが見える。
それは与えられて見えるものではなく、
自分の中に見つかるものだろう。

そう感じたここ数週間でした。

とはいえ、COLDPLAYは大好きです!
やっぱ
次の日の武道館公演も観たかったな〜。

−完−
刺激に学び
こんにちは〜〜。
ワールドカップも大詰めですね!

近頃私は、あるプロジェクトに向けて動きつつ、
また夏秋にやろうと思うライブの準備もしてます。
詳細はまた決まり次第ご報告しますね!

や〜それにしても7月です。
夏の始まりです。
今年の夏は皆さんは何をしますか?
私は去年、初めて花火大会に行ってきました。
今年も地元の仲間達に誘われているので、
行けそうだったら是非ともまた参加したいと思っています。

今月はCOLDPLAYのライブがありウキウキ!
秋頃?には大好きThom Yorkのソロアルバムが
でるという噂。きゃ〜〜ドキドキです!

そんなふうに自分のライブや仕事もしつつ、
他から刺激を受けることも必要!!!
そして時にはおうちでゆっくりすることもね。
明日は一日中お休みの日なので、ちょっとお部屋で
ゆっくりしたいと思います〜。
うっふふ〜なにしよっかな〜〜♪

話は変わって、先日のアルゼンチンvsドイツ戦。
も〜〜〜面白かったですね〜〜〜!!!
私はもう一つの家族(?)があるアルゼンチンを応援してました。
でも負けちゃったね。。
PKで負けちゃったから悔しかったな。。。
でも本当にいいゲームだった気がします。
なんかね、なんかうまく言えないですけど、私の中のサッカー観
みたいなものが、ほんのちょっと変わったのを感じました。
それはまるで、少年がふとサッカーに魅せられた瞬間のようでした。
きっと、『自分もサッカーやってみたいな』って思う瞬間って
こんな感じなのかもって思いました。
まぁ私はサッカーはしないと思いますが、でもこんなふうに
ボールをドリブルしてカットしてパスして…なんてできたら、
それはそれは面白いんだろうなって。

すごい試合、面白い試合なんていうのをよーくよーく
見てると、、、ボールは吸い付くように体や足にくっついてくる。
全部の氣みたいなものがボールに集まっていて、
自然に流れるように運ばれていく。
その瞬間、ユニホームもシューズも、ヘアスタイルも、
もしかしたらボールまでもが、本当は何でもいいんじゃないか?
なーんて思えてしまいます。

無心にプレーをする姿。
そこには人目など関係ない。
ネガティブな要素もいらない。

人目を気にしてないプレーをしている時って、逆に人の心をつかむのですね。
人の反応とかって、プレーの最中には思わなくていい。
プレーへの反応はあとからついてくるものだし、だったら思いっきり
自分にハマってやりきったらいいのかもしれません。
そうなれる自分に持っていけるようになるのも、
自分自身の鍛錬なんでしょうね。ライブもきっとそうですね。

この世には人が溢れていて、毎日人と会いますし、
言い換えれば私達は人と関わって生きています。
だから刺激も受けるし、挑発もされるし、純粋な気持ちなだけじゃ
いられないこともあります。
他人の目、他人の評価、そういったものに
動かされそうになることもあるでしょう。
「こう思われないように、こう動こう」なんてしてしまったり。

だけど、今ひとたび受けたこの生の為にも、
思いっきり自分にハマって一つ一つをやりきって
いけたら、魂もどんどん高まってくんじゃないかっていう
そんなイメージがあります。
感じることも、自然と鋭くなっていくんでしょうね。
それは不思議な力がどうこう…とかじゃなくって、
誰もがもってるだろう何か。目に見えない周波数ってやつ。

『流れるプレー』って、
そんな時に起こるもんだから、理屈や理論でもないのかもね。

や〜今日もサッカーから発展しちゃったね!
どんなスポーツでも、スポーツからは色々
学ぶところがあるからたまりません!
それもそうですよね。全身での表現なのですから!

スポーツ。それはまさに人間の体が作り出す、
芸術作品なのだ〜〜〜〜!!!

なんちゃって?

−完−
ありがとう!日本代表!
サッカーWorld Cup ドイツ大会!皆さん観ていますか?
私も詳しくはないですが、サッカー日本代表の試合は
好きでいつも観ております。
今回は4年に一度のWカップ!
4年前もとても盛り上がりましたが、今年は特に同級生選手たちが
もしかしたら最後かもしれない大会だったので、精一杯応援しました。

今29歳の選手、キャプテン宮本選手を始め、
中田英寿選手、福西選手、楢崎選手も同級生。
一学年下では三都主、柳沢、中澤選手がいます。
川口選手は一学年上で、確か私が15, 6歳の時に友達と行った
高校サッカー決勝で、私たちも清水商業の応援席に混じって座り、
川口選手たちを応援したものです。

Jリーグ開幕と共に、高校時代はJリーグもよく観に行き、
カズさんと、ゴン中山選手に惚れていました。
その後、中田英寿選手が出てきてからは、なぜか
もうとにかく中田選手が好きになりました。

それ以来、イタリアに移ってからもヒデ、セレブになってもヒデ、
大人なメンズになってもイギリスに移籍してもヒデ、
ほぼミーハーな感じですが、中田一筋でやってまいりました。
たぶん日本代表の試合も、中田選手がいたから私もいつも
気にして観ていたいと思ったのかもしれません。
まあ何とも勝手ではありますが、私も彼ら日本代表選手達と
一緒に育ててもらってきたようなそんな気がしています。
だから試合後の中田選手の涙には私も「お疲れっ!」
という気持ちと共に、思わずうるる…としてしまいました。

そして、今回のWカップは、お互い年も重ね、成長をしてきたな〜という
そんな時の流れを感じてしまいました。

昨日のブラジル戦は負けてしまったけれど、
私はそこに新たな希望の光のようなものを見ました。
ブラジルのスピードとリズムは、きっとあのブラジル
という地で生まれ、培われてきているものだから、
もしかしたら日本人にも彼らと全く同じように〜
というプレーはできないかもしれなく、むしろ
それでは日本のサッカーではないのかもしれなくて、
でもだからといってどちらが正しいやり方とか
そういうのはないのだと思います。

あくまで日本は日本の個性とやり方で勝負なのです。
それは何事にも共通してることなのかもしれません。
どんな職種であろうと、大切なのは私達一人一人の
思い方、考え方、つまりは個性です。

昨日の試合、どうですか!!
私は負けている試合で、あんなにも興奮し、
面白いと思った代表戦はここ数年観てなかった気がしました。
ブラジルには国技のような(国技?)サッカーに対して、
日本はどこまで攻められるか、粘れるか、挑めるのか。
その結果、日本はブラジルにとっては
初失点になる一点をとり、あれほどのブラジルのシュートにも
かかわらず川口選手はひるまず何本も阻止しました。

そのままの姿で立ち向かえば、難しいされていたところから
一つでも点は奪えるし、仕事や何かに成功だってするだろうし、
もしかしたら奇跡だって起こせるかもしれない。

個性はどの国にも、誰にもあって、それを知り
活かしていけば良いだけなのかもしれません。
あとそれを実現させていくのは、きっと他でもない”情熱”です。

私は昨夜の日本vsブラジルの試合を見て、何一つ絶望はしなかった、
それより未来は拓けたように思えました。
続く未来、日本人の可能性。
私達一人一人は、言わば何でもできるのでしょう。
『情熱があれば、どこまでも立ち向かえる』
そんな日本人の姿を見ました。
私にもできるかもしれない。そんな気がしました。

そう思ったらむくむくとやりたくて仕方がない気持ちが芽生えてきました!!!
さぁ、思ったことは怖がらず、どんどんやっていこうよ!!!

その想いは必ず届く。
その想いが君を動かす。

そう気づけたことに嬉しくてたまらないマイカつんでした!

−完−
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46

ARCHIVES

  • 201803 (1)
  • 201801 (1)
  • 201706 (1)
  • 201705 (1)
  • 201703 (1)
  • 201701 (1)
  • 201609 (1)
  • 201608 (1)
  • 201607 (1)
  • 201604 (1)
  • 201602 (1)
  • 201601 (1)
  • 201511 (1)
  • 201508 (1)
  • 201506 (1)
  • 201504 (1)
  • 201502 (1)
  • 201412 (2)
  • 201410 (1)
  • 201409 (1)
  • 201408 (1)
  • 201404 (1)
  • 201403 (1)
  • 201401 (1)
  • 201312 (1)
  • 201311 (1)
  • 201309 (1)
  • 201308 (1)
  • 201307 (1)
  • 201306 (1)
  • 201305 (1)
  • 201303 (1)
  • 201302 (1)
  • 201301 (1)
  • 201212 (1)
  • 201211 (1)
  • 201210 (1)
  • 201209 (1)
  • 201208 (1)
  • 201207 (2)
  • 201206 (1)
  • 201205 (4)
  • 201204 (4)
  • 201203 (3)
  • 201202 (2)
  • 201201 (3)
  • 201112 (3)
  • 201111 (2)
  • 201110 (3)
  • 201109 (1)
  • 201108 (2)
  • 201107 (1)
  • 201106 (1)
  • 201105 (1)
  • 201104 (2)
  • 201103 (3)
  • 201102 (2)
  • 201101 (2)
  • 201012 (3)
  • 201011 (1)
  • 201010 (3)
  • 201009 (1)
  • 201008 (2)
  • 201007 (1)
  • 201006 (4)
  • 201005 (1)
  • 201004 (2)
  • 201003 (1)
  • 201002 (3)
  • 201001 (2)
  • 200912 (2)
  • 200911 (3)
  • 200910 (2)
  • 200909 (3)
  • 200908 (3)
  • 200907 (2)
  • 200906 (2)
  • 200905 (2)
  • 200904 (2)
  • 200903 (1)
  • 200902 (2)
  • 200901 (1)
  • 200812 (3)
  • 200811 (3)
  • 200810 (2)
  • 200809 (2)
  • 200808 (2)
  • 200807 (1)
  • 200806 (1)
  • 200805 (2)
  • 200804 (2)
  • 200803 (5)
  • 200802 (4)
  • 200801 (4)
  • 200712 (7)
  • 200711 (5)
  • 200710 (2)
  • 200709 (10)
  • 200708 (2)
  • 200707 (1)
  • 200706 (1)
  • 200705 (3)
  • 200704 (4)
  • 200703 (2)
  • 200702 (1)
  • 200701 (2)
  • 200612 (2)
  • 200611 (3)
  • 200610 (2)
  • 200609 (2)
  • 200608 (1)
  • 200607 (2)
  • 200606 (2)
  • 200605 (3)
  • 200604 (2)
  • 200603 (2)
  • 200602 (2)
  • 200601 (1)

  • SEARCH


    OTHERS

  • RSS2.0
  • PAGE TOP